お見合い恋愛♡恋に落ちる瞬間!

相手への恋から始まる恋愛結婚とは異なり、お見合いでの出会いは、相手を好きになれるのか心配な人も少なくないでしょう。
「恋」とは、特定の異性に強く惹かれること。つまり、切ないまでに相手に深く想いを寄せ、相手を愛おしいと感じることをいいます。

実際、結婚には恋愛感情が必須だと思う人が多く、この感情があるからこそ、相手を大切にしたいと思い、ずっと一緒にいたいと思うのです。
ただし、出会ってすぐの相手に恋愛感情が持てるかどうかですが、相手に恋愛感情をいだけるようになるためには、ある程度の時間が必要だと考えます。

また、何度か会ううちにお互いの良い所が分かり、相手を好きになる可能性があることも知っておいて欲しいところです。

では、相手を好きになる瞬間についてですが、男性も女性も、誰かを好きになる瞬間や過程には何かしらの理由があります。
でも、男性と女性では、その瞬間や過程は違うのです。

男性と女性の好きになる瞬間の違いとは?

男性は、瞬間的に女性を好きになることがありますが、女性はどちらかというと、時間をかけてゆっくり男性を好きになっていきます。 その分女性は、「好き」になった瞬間は胸がキュンとなったり、世の中全てがバラ色になるほどの特別な感情を抱きます。

一方で、男性は「好き」と感情認識をピンポイントで捉えられない傾向があるため、「可愛い」や「綺麗」などの見た目や「キスしたい」という欲情が起こった時に、「好き」という言葉に置き換えることが多いのです。

そのため、よく聞くと思いますが、男性へのボディタッチは効果的なのです。男性は「欲情」と「好き」を別物として認識ができないため、女性にボディタッチされると「自分のことが好きなのかな」と感じてしまうようです。
もちろん精神面で相手を好きになることもありますが、男性は女性から尊敬されたり、褒められることに弱いと同時に、嬉しさと幸せも感じるのです。

また、女性に相談されたり、悩みを打ち明けられたりすると、「彼女を守ってあげたい」という気持ちに陥りやすく、恋に落ちる切っ掛けとなることが多くあるようです。
さらに自分が落ち込んでいる時や辛い時に励まされたり、優しくされたりしても、その女性を好きになってしまうことも多いようです。

では、話を女性に戻しますが、女性は「一目惚れ」が多いそうです。それって、自分の好きなタイプの顔の人に出会ったら、みんなそうなるわよ。と思うかもしれませんが、必ずしもそうだとは限りません。

男性と違って女性は、嗅覚によって目には見えないフェロモンを察知すると言われていて、自分との相性を判断することができるそうです。 どうも頭であれこれ考え始める前に、脳が相性の良い、悪いを判断するようです。

そうなると、お見合い相手を写真だけで判断するのは、実にもったいないということが言えます。 実際に会わないと分からないことが多々あります。その人の口調、仕草、考え方、接し方ets…そして臭い。

現在活動されている会員様の多くが、お相手をお写真のみで判断される方が多いように感じます。
世界はとても広く、世界には何十億もの人がいます。これだけたくさんの人がいる中で出会うことは、まさに奇跡です。
少しでも生まれた時代がズレ、少しでも出会う場所が違っていれば、出会うことさえないのです。

この世の中で実際に会って話すことの大切さを知っていただきたいものです。
あなたは、恋に落ちる瞬間を自ら逃していませんか?