婚活者必見!モテるコミュニケーョン術

好感度UP=コミュニケーション力

人は何かを始める場合、知らず知らずのうちに「期待」を抱いてしまうものです。婚活もそれに当てはまり、お見合いなどで出会う相手には、「運命の人かもしれない」と、大きな期待を抱いてしまうものです。

大きな期待を抱き相手と話しをする中で、「良いこと」や「プラスの話し」を聞けたなら、お相手への感触は「好感度大」となるはずです。となると、重要になってくるのが、「コミュニケーション能力」と言えるでしょう。

コミュニケーション力とは

恋人が欲しい、結婚したいと思っている多くの方々の悩みは、異性と出会って上手にコミュニケーションをとることかもしれません。

しかし、コミュニケーション能力とは、数値で測れるものではありません。相手の感じ方や評価が全てとなります。

「この人と話して良かった」、「この人の話しは分かりやすい」、「またこの人と話したい」 相手にそんな風に感じさせることができる人が、コミュニケーション上手と言えるでしょう。

だからこそ、コミュニケーションはお見合いには欠かせない要素とも言えます。 お見合いでは、まずは自分に好感を持ってもらい、仲良くなれば相手も心を許してくれるので、相手の本音が見えやすくなります。それによってその相手が自分に合う、合わないのジャッジが早く出来ることに繋がります。

コミュニケーション上手な人の5つの特徴

1、話しやすい雰囲気を作るのが上手
例えば、会話を振ってくれたり、自分が話をした時に、「そうそう、いいよねー。」と話を合わせてくれたりすると嬉しいですよね。
また、常に笑顔で接してくれ、悲しい話題の時などは、「辛かったね。」と共感してくれる人には好感を持てます。

2、話の聞き方が上手い
こちらが話をしている時は自分の話をせずに、とにかく話をよく聞いてくれます。「うんうん、そうだね」と相槌を打ったりしてくれます。
また、悩みを打ち明けたりすると、こちらの気持ちに寄り添ってくれるので、安心して話ができます。

3、相手の気持ちを察知する力が高い
闇雲に「分かる、分かる。」と、返事をするのではなく、「Aさんはそういう気持ちだったんだね。」と、いうように共感力が高く、こちらの気持ちや本心を分かってくれようとするので、「私のことを理解してくれている」という気持ちになれますね。

4、とにかく話が分かりやすい
話があちこち飛んだりせずに、「これはつまり、こういうこと。なぜなら、こういうことだから。」と、論理立てて話をしてくれるので、「あぁ、なるほど!」と、話を理解しやすくなります。

5、印象に残したい「ポジティブな言葉」を最後に伝える
大半の方は、アピールしたいことや印象に残したいことは、会話の最初に伝えたいものです。
しかし、人間の心理というものは、より新しい情報のほうがインパクトに残ります。

例えば、
Ⓐ「仕事はサービス業をしています。給与面には満足していますが、土日は仕事で、帰りも遅いです。」
Ⓑ「仕事はサービス業をしています。土日は仕事で、帰りも遅いですが、給与面には満足しています。」

ⒶとⒷは同じ内容ですが、ⒶよりもⒷのほうが好感を持てるはずです。 言いにくいことこそ先に伝え、自分がアピールしたいポイントを最後に伝えるべきです。そうすることによって、会話の結末に期待感が残り満足感に繋がります。

コミュニケーションは自分から行うことが大切です。 特に女性の多くは男性からの発信を待つために、中身の薄い(他愛もない会話)お見合いとなることが多くなりがちです。

男性が先に歩み寄ってくれるのが好ましのですが、そうできない男性もいます。だからといってダメなわけではありません。その場合は女性から歩み寄れば良いのです。
考えようです、女慣れしている男性は結婚してからも、きっと女性関係の心配が付きまとうかもしれませんからね。

自分のためにも、自ら積極的に話しかけるお見合いをしてくださいね。