婚活が上手くいかない理由

お見合い相手を好きになれない

結婚がしたくて相談所へ入会したのに、婚活が上手く進まない・・・。

実は、お相手が好意を持ってくれているにも関わらず、「良い人だけど異性としてみれない」や「もっと素敵な人がいるのでは…」、「好きかどうか分からない」などの理由でお断りしてしまう人がとても多いのです。

このタイプの人は、性格が消極的だったり、恋愛に対して受け身である方が多いです。
また、お相手に対する気持ちも「0か100」で判断してしまうため、自分の気持ちが「100%好き」でない限り、相手を知ろうとしたり、良い所をみようとはしないのです。

なぜ相談所で出会った人を好きになれないのか?

心のどこかで、運命的な出会いを求めているせいで、目の前のお相手の良さに気付けずに、好きになれない可能性を自ら作り出している可能性があります。

実は、恋愛結婚に憧れがあり、「ドキドキ感」や「ときめき」を求めている場合、何度お見合いしても上手く進まない傾向になりがちです。

結婚相談所というのは恋愛のお相手を探す場所ではなく、結婚相手を探す場所です。初めからお相手に「ドキドキ」することは少なく、本人の中身を知っていく内に段々と「好き」という感情が生まれて恋愛に発展していくのです。

プロフィールでは、まずお写真を見てしまいます。見た目ばかりを気にして、肝心であるその人の中身に目を向けていない人が多いように感じています。

ルックスや希望条件など、自分好みの人に出会えたとしても、性格的が合わなければ、我慢したり、楽しめないことに繋がり、結果的には上手くいかなくなるのです。

見た目や条件だけでなく、その人の考え方や価値観など性格的な部分を知ることで、その人の素敵な一面を知ることができるのです。
会話や質問を通して、相手の内面を知ることが最も大切なのです。

相手を好きになるためには?

出会いの段階では、恋愛をしたいという気持ちは一旦おいておき、「幸せになるためのお相手を見つける」という意識を忘れずに、相手に興味を持つ姿勢が重要です。

相手の悪い部分を見つけて減点していませんか?まずは、相手の良い所を見つける努力をしてください。
良くないところは目につきやすいものですが、自分はどうですか?完璧な人ですか?
全てがパーフェクトな人なんてなかなかいませんよね。

例えば、「お店の方にも優しい」「笑顔が多い」「気遣いがある」など、相手の良いところ探しをしてみると、相手にもっと興味が出てくるはずです。

何も行動しなければ、気持ちに変化は現れてきません。まずは、お相手を好きになる努力をしてみましょう。それでも無理と思ったら切り替えて次に進めば良いのです。食事やデートを重ねてみてください。

お見合いの段階でお相手を好きになる必要はありません。むしろ、出会って間もない相手を好きになることのほうが難しいはずです。
でも、相手のことをもっと知りたい、少しでも好きになりたい、という気持ちを持つことは大切で、自分から歩み寄る努力も必要です。

また、お互いに慣れていないうちは、緊張していつもより口数が減るものですが、何回も会っていく内にお互い緊張がとれて、楽しく会話できるようになるものです。

複数人と同時進行でお見合い・交際をしましょう

私は、会員様に複数との交際を勧めています。相談所以外での複数交際は、二股、三股と後ろ指を指されそうですが、相談所なら大丈夫(^^)。
相談所で出会った相手と仮交際へ進む際は、複数人と同時進行でお付き合いすることも可能です。

「自分が会いたいと思うタイプの方と会えば良い。でも、プロフィールは静止画で、動いていない。声も分からないし、話し方も立ち振る舞いも分からない。PRコメントだって一部分。自分が合うと思っている人が本当に合っているのか?そもそもそのタイプの人は自分を合うと思ってくれるのか?分からないことだらけだよ。」と、伝えています。

物の良し悪しというのは比較対象物があって初めて判断できます。人の場合も同じことが言えます。一人の人で判断するよりも、複数の人とお見合いや仮交際をした方が相手の良いところや悪いところを判断しやすくなります。
同じ質問をした際、どんな答えをされるか?どの考え方が自分に一番しっくりくるか?なるべく多くの人と知り合って、自分から好きになれる工夫をしてみましょう。

今、やるべきこと

婚活において、初めからお見合い相手を好きになることは少なく、多くの女性は何度も会っていくうちに相手のことを好きになっていきます。

まずは、相手に興味や関心を持ち、お互いを知ろうと意識すること、そして一緒にいる時間を楽しもうとする気持ちが大切です。生理的に無理でなければ次のステップへ進んでみようという「気楽さ」が婚活には必要なのです。

婚活をするというのは、婚活市場に自分を棚卸しすること。
『たくさんの商品が陳列されている中で、手に取ってもらえた。ご縁があって出会った方が素敵な人だったら、今度は自分がお相手から選んでもらえる努力をしなければ、努力をしている人たちに負けてしまう。棚に戻されてしまう。』
その考えを常に持っていて欲しいものです。