婚活お悩みあるある!⓼

交際」と「真剣交際」の違い

お見合いには、 「交際」と「真剣交際」があります。

「交際」は、その相手がどんな人柄なのかを食事やデートをしながら確認する期間で、交際は何人としていてもよく、他の人とのお見合いも可能になっています。

「真剣交際」は、交際している中から1人に絞り、他の人とのお見合いは出来なくなり、選んだ人と結婚へと向かっていく交際のことです。

交際が続かず、真剣交際に繋がらない

しかし、この交際期間中にパタリと連絡が途切れ、お断りされることがあります。
楽しい交際期間ゆえにお断りとなると、そのショックは図りきれず大きいものですが、そうなるには実は原因があるのです。

婚活におけるコミュニケーションの中でも、メールやLINEは非常に重要で、異性のハートを掴むための最大のツールとなります。

交際が始まってからは、お互いのある程度の情報しかない状態なため、メールやLINEの文章だけがすべてといっても過言ではないからです。
が、簡単そうに思えて、意外に落とし穴もあります。

あなたのメールは大丈夫ですか?

■メールを送る頻度は大丈夫ですか?
メールは電話より気軽なため、自分の好きなタイミングでたくさん送りがちですが、メールにも送る頻度とタイミングがあります。
早朝や仕事中、夜遅くのメールは避けましょう。相手の生活のリズムを考えて送ることが大切です。

■下手な駆け引きはしていませんか?
ちょくちょくLINEやメールを送る人が急に連絡しなくなった場合、連絡が来るのが当たり前になっていますから、連絡しない駆け引きをされると気になるものです。

しかし、この効果は、「毎日、もしくは2日に1回はLINEやメールをする関係になっていること」が条件です。
頻繁にやりとりするからこそ「連絡がなくなる」という状態に「どうしたんだろう?」とか「嫌われるようなことしたのかなぁ?」と考えるわけです。
ですから、お付き合いを始めたばかりの場合、「連絡しない」駆け引きは、空振りに終わる可能性が高くなるので気を付けましょう。

また、複数の相手と“交際”している場合、メールをたまにしか入れない男性は、毎日マメに入れてくる男性に負けるでしょう。
女性も、きたメールを翌日や翌々日に返信している女性は、その日のうちにメールを返している女性に負けてしまいます。気を付けましょう。

■メールを返すタイミング大丈夫ですか?
メールしたのに全然返信がなかったら、あなたならどんな気持ちになりますか?
誰でも不安で、悲しくなりますよね。自分がされて嫌なことはしない!
メールが来たら、可能な限りすぐに返しましょう。これは鉄則です。

相手の気持ちを確かめたり、焦らせるために、わざとメールの返信を遅らせる人もいますが、このテクニックが通用するのは、二人の関係がかなり進展している場合のみです。

下手な駆け引きはせずに、メールを見たらすぐ返信する!
仕事などで返信が遅れたときは、必ず「遅くなってごめんなさい」の一言を添えて下さいね。

■自然なデートの誘い方を知っていますか?
相手のことをもっと知ることが大切です。
でも、いろいろ知りたいからと質問攻めはNGです。

まずは、自分のことを知ってもらい、相手を探ってみましょう。
「私は和食が好きですが、○○さんは何がすきですか?」「イタリアンが好きです」
相手はイタリアンが好きと分かったら、「行ってみたいイタリアンのお店ありますか?」「もし、良かったら今度一緒に行きませんか?」
などと相手への思いやりが伝わるような、そしてあくまでも自然な流れを感じさせる誘い方をしてみましょう。

■相手に意識させるメールのテクニックを知っていますか?
実は、相手のメールの雰囲気を真似るだけで、相手に共通点を感じ、その人からのメールは受け入れやすくなるものです。
絵文字を入れる人には絵文字、顔文字の人には顔文字、改行の仕方も真似ると良いでしょう。
また、「○○さん・・・・・」と、相手の名前を入れるのも効果が出ますよ。


逆に、自慢話や「疲れたー」メールは、相手も疲れるのでマイナスです。
あくまでも、相手を気遣い、ポジティブで楽しくなる内容のメールを送るよう心掛けましょう。
用件だけでなく、相手を褒める内容をプラスするとより効果的です。